兵庫県の景観形成地区

兵庫県における景観意識

日本の景観地区として認定されている県を紹介していますが、そんな景観形成に関することの中で、今回は兵庫県について紹介していこう。兵庫県は元々横浜と同様に、古くからオランダを始めとした異国文化との交流もあることから、多様な地域に多彩な文化と豊かな暮らしを築いていることで知られており、その文化に伴って誕生することになった景観を守っていこうという働きが見られている。兵庫は海といっても日本海と瀬戸内海の二つの海に囲まれた地域ということもあって、様々な自然と風土を背景に、個性豊かな地域環境や文化を育んでいることで専門家には有名な話だということをご存知でしたでしょうか。

こうしたこともあり、兵庫県は特に景観というものに対して大事にしているという印象も強く、行政と県民が手をとって、この兵庫にある景観を守っていくことを第一として考えているのだ。

さて、この兵庫の景観形成とした目的は主に三つの目標を掲げている。

この三つを達成することで魅力溢れる景観の形成を図っていくことを第一としている。景観を創り上げるには町並みは当然として、住民にもその意識を高めて行動してもらわなければならないということを明文化していることで、条例としては非常に良いないようだろうと考えている。

景観について考えてみた結果

景観形成地区

では兵庫県において景観形成地区として定められている条件としてはどのようなものがあるのか、見ていきましょう。

景観形成地区という事を考えたとき、兵庫県の場合においては以上の4つの分類に分けられることが出来る。また、その景観形成地区としては建物に限らず、道路といった公共のものも対象になっているので、いかに本気で取り組んでいるというのがよく分かる。

また、兵庫県には建物と自然の調和を果たしている町並みだけでなく、自然の原風景を保全して行こうとする条例を施行されている。

風景形成地域

この風景形成地域に該当することになる地域とは、以下の条件を満たしている地域のことを指している。

この三つの条件を満たしている、広がりのある優れた景観を創造、または保全する必要がある地域を指定して、地域の目指すべき風景に応じた風景形成基準というものを満たしている地域のことを指している。

いい景色最高!

星空景観形成地域

風景といっても、必ずしもすぐ側にある自然界を保全していくというわけではなく、元々ある風景ではあるが基本的に人間が手をつけることの出来ない星空についても、その景観を守って行こうとする動きが見られている、その動きのことを『星空景観形成地域』という。

この地域として認定されるには、優れた自然環境を有している点、そして天文台が存在している地域などで美しい星空を地域の財産として地元市町と地域住民が一体となってその保全に取り組み、美しい星空が観測することが出来る環境の形成、もしくは保護する必要がある地域として指定し、照明器具の設置または使用に関する基準を定めている。

地域に指定された場合には、照明器具を設置して、使用するほうに星空景観形成照明規準を順守すると共に、多数の照明器具を使用する施設の親切や回収などの行為については届出を行い、美しい星空の景観を形成を図っていくことになる。